キャバクラバイトの面接ポイントは2つだけ!

キャバクラのバイトに面接のポイントなど、あるのでしょうか?
実はあるんです。
しかも、押さえておくべきポイントは、たったの2つしかありません。
ミスキャバが、多くのお店から集めた面接のノウハウをご紹介します。

ポイントその1 - 挨拶 -

キャバクラの面接では、まず第一に挨拶がきちんと出来るかどうかが見られます。
面接室に入るときは、扉があれば必ずノックして「失礼します」と一声かけましょう。担当者が来れば「始めまして、○○です。本日はよろしくお願いします。」などと挨拶します。そして椅子には「おかけ下さい」など面接官が言うまでは勝手に座ってはいけません。

社会人として、挨拶は最低限のマナーですので、絶対に忘れないようにしましょう。しかし、面接は緊張しますし、慣れていない敬語を使おうとしても、かえっておかしな言葉になりかねません。タメ口はさすがに問題ですが、丁寧にはきはきとした挨拶や受け答えができれば敬語を使わなくても十分です。

ポイントその2 - 服装と身だしなみ -

「どんな服装で面接に臨めばよいのか?」就職活動などであれば、スーツ着用が必須ですが、キャバクラのアルバイトの場合は私服で問題ありません。

ただし、「ラフすぎる格好」、「だらしない格好」はNGです。彼氏とデートに行くような、自分が魅力的に見える格好がベストです。

質問対策

キャバクラの面接では特に難しい事は聞かれません
それでも緊張しがちな方は、事前に対策をしておけば面接で余裕が持てます。

★よくある質問ベスト10★
・希望勤務日数
・希望勤務時間
・どれくらいの給料が目標か
・支払いは日・週・月給どれがいいか
・いつから勤務できるか
・キャバクラアルバイトの経験があるか
(経験者ならその経験について、未経験なら動機)
・どこまでのサービスができるか
・終電は何時か
・送迎は必要か
・長期・短期か